【レーシック知識】交通費を補助してくれるクリニック

レーシックを行う患者さんの負担を少しでも緩和するためのサービスというのが最近では非常に充実しています。
クリニックの中には遠方から訪れる患者に対し交通費を補助してくれる制度を設けているところもあるので確認をしてみると良いでしょう。

 

レーシックの交通費支給というのは、クリニックの県以外のところから通院される方が対象となります。
どんなに遠方だったとしてもクリニックがある県の場合は支給の対象外となるのでご注意ください。
メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。 全国にレーシックのクリニックを展開している有名な眼科医院の多くが交通費の補助制度を採用しています。
補助金が支給される条件や金額はほぼ共通しているので上手に利用されると良いかと思います。



【レーシック知識】交通費を補助してくれるクリニックブログ:01 4 21

減量中は
タブーとされがちな間食ですが、
食べすぎなければ問題ないみたいですよ。

逆に食べる事と食べる事の間が長い場合、
間食して空腹を抑えておくことで、
食べすぎを予防できます。

我慢するより、
間食のとり方を工夫するべきなんですね。

まず、
間食は24時間100Kcal以下を目標にしましょう。
最近はカロリー表示されているものが多いので必ずチェック。
それ以上食べてしまったときは、
夕方食の量で調整しましょう。

ショートケーキや板チョコなどは脂肪分が多く、
カロリーが気になります。
食べたいときは量を少なめにして、
コーヒーやお茶とともにゆっくり味わいましょう。

ダラダラ食べ続けるのはやめて、
24時間1回、11時食と夕方食の間に
「おやつの時間」を作りましょう。

また
寝る前に食べると体脂肪になりやすいので、
夕方食後の間食は控えめに!

減量中は食べる事量をセーブすることで、
ビタミン、ミネラル、食物繊維など、
ヤセ体質やキレイ肌を作る成分までもが不足しがちです。

なので、
くだもの、ヨーグルト、さつま芋、かぼちゃ、ドライフルーツ、ゼリー
寒天、わらびもち、くずもち、雑穀入りクッキー、シリアル…などが、
減量中の間食としてオススメです。

間食しても物足りない、
なんだか口寂しいというときは、
紅茶やウーロン茶、コーヒーなど
ノンカロリーの飲み物で落ち着かせましょう。

また食べたあとにすぐ歯を磨くと、
クチの中がさっぱりして、間食を予防できますよ。

食べる量とタイミングに気をつけて、
減量中でも甘いものを楽しんでくださいね。