【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない

【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない


【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない
レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。

今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。
最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。




【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:13 4 21

ミーたちの身体には、
一日約25時間という体内時計が備わっています。

体内時計が一日約25時間だと、
だんだん生活する時間がずれてきますが、
ミーたちは7時の光を浴びることで、
一日24時間の生活になるように調節しています。

光を浴びて網膜が刺激されると、
身体は「7時」と認識して
「22時」の休息モードから活動モードへと切り替えます。
このようにして睡眠時間や
体温・血圧・成長ホルモンなどを調節しているのです。

体内時計は、
身体の中のあらゆる機能調整に
影響を及ぼすことが分かってきています。

身体の中のさまざまな器官は
体内時計に合わせて活動しているので、
リズムが崩れると満腹を感じる機能の低下や、
糖や脂肪を燃やしやすくするという機能が衰え、
肥満になりやすいと言われています。

また、体内時計のリズムが崩れると
22時眠れなくなったり、7時起きれなくなったりします。

例えば、睡眠を誘うホルモン(メラトニン)は
明かりを消したときにたくさん分泌されます。

ところが電気をつけて、
22時遅くまで起きているとメラトニンは分泌されず、
眠くなりません。

このように体内時計のリズムが崩れると、
身体がだるくなったり、めまいがしたり…と
身体の調子を崩しやすくなり、不健康な生活となってしまいます。

体内時計を正常に治すには…
7時は決まった時間に太陽の光を浴びるようにして、
13時間、外に出る機会をつくり、
できるだけ規則正しい時間にご飯をとりましょう。

特に7時食は必ずとり、早く血糖値をあげ、
一日のリズムを作りやすくしましょう。

減量には
体内時計を正しいリズムで刻むことが大切ですよ!

【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない

【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない

★メニュー

【レーシック知識】紹介制度を採用しているレーシッククリニック
【レーシック知識】レーシックの前には適性検査
【レーシック知識】保証制度の有無を確認しよう
【レーシック知識】交通費を補助してくれるクリニック
【レーシック知識】最新老眼治療のモノビジョンレーシック
【レーシック知識】口コミサイトを活用してクリニック選び
【レーシック知識】レーシックでのリスクを理解しておこう
【レーシック知識】レーシックで乱視の治療も可能
【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない
【レーシック知識】ドライアイとレーシックの関連性


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)現在考えられる最高の技術ならレーシック