【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない

レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。

 

今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。
最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。



【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:23 10 21

みなさまは、
ダイエットというと、
「食べる事制限」ということが
真っ先に思い浮かぶんじゃないでしょうか?

食べる事の回数を減らすとか、食べる事を抜く…といった、
過酷なダイエットをイメージする方も
少なくないのではないでしょうか。

ところが
普通に推奨されているダイエットでは、
一日3食の規則正しい食べる事を
求めている場合が多いんですよね。

もちろん一食一食あたりの食べる事の量についても、
極端に少なくするという必要もありません。

ダイエット中にこそ
規則正しく食べる事する必要があるのには、
それなりの理由があります。

わたくしたちの体は、
しばらく栄養分が入ってこないと
「今、飢餓の状況下にある」と誤解をしてしまいます。

食べる事に含まれている栄養分が生きるために必要不可欠。
なので、
食べ物が入ってこないということに、
非常に敏感に作られているのです。

飢餓状態と判断した直後の食べる事では、
とにかくできるだけ多くの栄養分を体の中に入れようとします。
次にいつ食べ物が入ってくるかわからないからです。

そのため、一日2食と3食とでは、
同じ量の食べ物を食べていても、
2食の方がより効率的にエネルギー摂取を行います。
結果、太りやすい体になってしまうわけです

食べる事抜きダイエットという方法が注目されがちですが…

わたくしたちの体の特性から考えると、
食べる事の回数を減らすダイエットというのは、
効果的ではないんですよね。

適量で規則正しい食べる事のほうが、
ダイエットには効果的なんです!

しっかり食べた方が、痩せやすい体になるんです!