【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない

レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。

 

今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。
最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。



【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:14 1 21

おととい久しぶりに、
おれはミートソースを手作りで作りました。

人参も、玉ねぎも、ピーマンも…
全ての野菜をみじん切りにするんですよね。

みじん切りをしていると、
おれはいつも思い出す出来事があります。

それは、小学校の低学年の時の事です。

おれが一人で、
家族の夕方飯の支度をした
初めての事だったのではないかと思います。

学校で調理実習をやってご機嫌だったんですよね。
嬉しくなったおれは、
母親に夕方飯はおれが一人で作るって言って
台所に立ったんです。

ところで!
みじん切りって、
あらゆる切り方の中で一番手間がかかりますよね?

そうです。
ろくに家事などやったこのない娘が、
玉ねぎのみじん切りをしているところを想像してください…
当然おれは、長時間、まな板の上で野菜たちと格闘していたのです!

学校で教えてくれる「みじん切り」って
短冊状に切って、それを細長く千切りにして、
さらに、細かく切っていきますよね…

かなり時間がたってから母親が台所に現れ、
「まだ切ってたの」と苦笑い。

そして、短冊状ではなく、
斜めの細い輪切りにしてから、
千切りにして細かくしていきました。

その後が
当時のおれには感動的だったんですよね。

みじん切りにするときに、
包丁の先をまな板に固定して、
ざくざくと細かくしていく作業ありますよね。
母親はそれをやったのです!

娘ながらに、お〜すごい!!
と思いました。

今思えばどうってことないことなのですが、
そんなこと知らないおれは先生が教えてくれるままに、
一回一回切っていたのですから…

こうして、新しい技術を手に入れたおれは、
正味2時間くらいかかったでしょうか、
それでも、なんとかミートソースが出来上がりました。